LGBTブログサイト アオ・アクア

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LGBTブログサイト アオ・アクア

~"have to"ではなく"want to"で生きよう~

Ao-akua's blog

~LGBTスタッフによる”普通”の人生記録~
 
【プロフィール】
【メンバー紹介】
【お問い合わせ】

名古屋LGBT成人式を終えて、僕の”成りたい人に成る”の答え

こんばんは、IBUKIです!個人記事の初投稿ということですが、自己紹介はメンバー紹介ページに書いてある事でまとまってしまっているので、今日はいきなりイベントの振り返りをさせてください\(^o^)/笑

僕のプロフィールをまだ見てない!だれこいつ!という方は、まずこちらのメンバー紹介をご覧くださいね♪

lgbt-aoakua.hatenadiary.com

名古屋の3大LGBTイベント!~名古屋LGBT成人式~

名古屋ではたくさんのLGBTイベントがありますが、その中でも大きなイベントが3つ。どれも日中に開催していて、性別、年齢に関係なく参加できるイベントです!今日はそんな3つの中の1つ、名古屋LGBT成人式についてご紹介します!

 f:id:ao-akua:20170301235513j:image

今、各地で開催されているLGBT成人式。ここ名古屋では今年で3回目となった新しいイベントですが、このイベントにも名古屋を代表するLGBT活動メンバーが数多く参加し、このイベントを作り上げています。今年はガラッと雰囲気も変わり、とにかく楽しかった!その一言です。ステージプログラムにビンゴゲーム、仲間作りの為に懇親会の時間までありました。成人される方も、そうでない方もざっくばらんに参加していますが、もっともっと知名度が上がり、新成人の方をこの成人式で迎え入れ、名古屋のLGBTの輪がどんどんと広がっていく、そんなイベントになっていってくれるといいなと感じました。

”成りたい人に成る”~僕の成りたいを考えてみた~

名古屋LGBT成人式で言われている1つのスローガン「成りたい人に成る」というのがあります。成人式では新成人だけでなく、すでに成人されている方も、ここでまた自分の「成りたい人に成る」を考えてみても良いのかもしれません。

f:id:ao-akua:20170301235845j:image

自分は今、目指していた人に成れているだろうか?イベントを作り上げている自分は、LGBTの輪へ迎え入れている自分は、新成人の道標と成れているだろうか?(もちろん、お手本にならないといけない訳ではないし、これは僕の例えばの話。)

新成人を前に、過去の自分を前にして恥ずかしくない自分でいられているのかどうか?背筋を伸ばすという意味でも、成人式に参加された方は考えてみると良いかもしれません。

僕の”成りたい人”とは?

実は、ここ最近僕は進路に迷っていました。仕事の進路もアオ・アクアの進路も。戸籍変更が終わり、やっと未来が想像できるようになった僕は、やりたいことにやっと目を向けることができました。そして、LGBTの活動へ関わっていったのが去年の1年。いろいろやってみてふと振り返ると、そこには何もできない自分がいました。仕事の都合もあり、アオ・アクアの活動を休止させていた間も、ずっと自分には何が出来るのか?何をしたいのか?考え続けていました。

 f:id:ao-akua:20170301235440j:image

そこで出した今の自分の答えは、”プロになったその力でLGBT支援に関わっていく”ということ。つまり、自分のやりたい1つの仕事を極めて、その延長線上でLGBTの人を救えたらと思っています。

LGBTの人に手を差し出せる仕事は、実は数多くあって、全国で活躍している活動家さんたちもまた、何かのプロフェッショナルだとこの1年で感じました。プロとしての力でLGBTに関わっていくことこそ、自分にしかできないオリジナルの支援だと思っています。

9月から約1年に渡る長期の留学を控えているので、そこで興味のある仕事の勉強もしながらたくさんのことを吸収し、多くの経験を力に変えていきたいです。

最後に・・・僕がブログを書く理由

今の何もない僕にできることは、LGBTであることをカミングアウトしながら人生を歩み、過去の経験と、これから歩んでいく姿や、経験を一人でも多くの人に届けることだけです。今持っている力では救えないけれど、挑戦する姿で少しくらいの勇気なら届けられるかもしれない。多くのことを諦めてしまう僕たちLGBTだけれど、もしかしたら1個か2個は人生のチョイスを増やせるかもしれないと思っています。だから僕はこうしてブログを書くことにしました。

このように、アオ・アクアのメンバーは一人ひとり、ブログを書きたい理由があって書いています。誰かの記事が誰かの人生を少しだけ明るくできたら・・・そう願っています。